時計部品 商品追加値下げ在庫復活 サファイアガラス厚み0.6 0.8 23mm~33mm 各種サイズ 見事な

時計部品 サファイアガラス厚み0.6、0.8 各種サイズ(23mm~33mm)

各種サイズ(23mm~33mm),サファイアガラス厚み0.6、0.8,itforum-rt.sakura.ne.jp,時計部品,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , 工具 , その他,3080円,/Jane1364064.html 3080円 時計部品 サファイアガラス厚み0.6、0.8 各種サイズ(23mm~33mm) 腕時計 腕時計用アクセサリー 工具 その他 3080円 時計部品 サファイアガラス厚み0.6、0.8 各種サイズ(23mm~33mm) 腕時計 腕時計用アクセサリー 工具 その他 時計部品 商品追加値下げ在庫復活 サファイアガラス厚み0.6 0.8 23mm~33mm 各種サイズ 時計部品 商品追加値下げ在庫復活 サファイアガラス厚み0.6 0.8 23mm~33mm 各種サイズ 各種サイズ(23mm~33mm),サファイアガラス厚み0.6、0.8,itforum-rt.sakura.ne.jp,時計部品,腕時計 , 腕時計用アクセサリー , 工具 , その他,3080円,/Jane1364064.html

3080円

時計部品 サファイアガラス厚み0.6、0.8 各種サイズ(23mm~33mm)



補修用のフラット(平面)なサファイアガラスです。
0.6mmと0.8mmの厚みで、直径13mmから0.5mm刻みで33mmまでサイズがございます。(数が多いので商品ページを分けてあります)

【 サファイアガラス サイズ別リンク 】
厚み0.6、0.8mm 13.0mm~22.5mm
厚み0.6、0.8mm 23.0mm~33.0mm
厚み1.0mm 13.0mm~22.5mm
厚み1.0mm 23.0mm~32.5mm
厚み1.0mm 33.0mm~34.0mm

ダイヤモンドの次に硬いモース硬度9のサファイアの名を使うこのガラスは、人工的に巨大結晶化させた素材から作られています。
科学的にサファイアとほぼ同じ成分であるためサファイアガラスと呼ばれていますが、天然のサファイアで作られているわけではありません。

しかしその硬度は上記の通り非常に硬く、日常生活で傷が付くことはまずありません。
逆に衝撃には弱く時計を落としてしまったりすると割れやすいことも特徴です。
硬いものは傷が付きにくいがゆえに衝撃で割れやすく、傷がつきやすい素材はその柔らかさゆえに割れにくいのです。
サファイアガラスが傷付いたと思った場合は、すり傷ではなく欠けていることが多いようです。

ガラスの事を風防(ふうぼう)と呼ぶ場合もありますが、これは昔広く使われていたプラスティック風防の名残です。
ガラスではないので風防と呼んでいた名残が、後にガラスが主流になっても残っているのだと思います。

時計部品 サファイアガラス厚み0.6、0.8 各種サイズ(23mm~33mm)

2021/11/10

もうすぐ11月10日は過ぎてしまいますが…。ワタシにとって「いい銃」と言えばやっぱりコレかな? HWSのハーロックVerです。
スポンサーサイト



2021/11/03

つい最近その存在を知って、つい出来心で入手してしまったLPレコード! 寺内タケシさんによる「宇宙英雄ペリーローダン」のイメージアルバム。 ジャケットのイラストも本家の依光隆氏によるもので、極めて真面目に製作されたイメージアルバムだ。


ネット上の情報には1978/1/1発売とあるので、ハヤカワ版で40巻位刊行された頃か。 どういう経緯で寺内タケシさんの所にこのコラボアルバムの話が来たかは不明だけど、いかにも70年代らしい自由な感じがする。 現在我が家にはレコード再生環境が無いのだが、ネット上にいくつかの曲がUPされているので聞いてみた。やはり極めて真面目に作られたイメージソングだった。
2021/11/01

欲しいものリストには入れてたものの、その値段にビビッて保留にしてたが、思いがけず臨時収入があったので清水ダイブしたのが着弾。 ズシリと重い3冊が箱に収められている。


ちょっと前にネットニュースでコレの原本は防衛庁の史料館に収蔵されてて、閲覧は可能らしかったので、是非内容を見てみたかったのだ。 この復刻版は、装丁がマットな黒なので、ちょっとでも手に脂があると目立つので注意が必要。


私の地元愛媛には国内唯一の紫電改現存機(昭和58年に久良湾から引き上げられた343空所属機)の展示施設があり、何回か訪れたことが有る(写真は四半世紀前の訪問時)。 かつて松山に343空が展開していたこともあり、愛媛県民にとって紫電改は特別な存在なのだ。
2021/10/30

まったくのノーマークで、ある方のツイートでその出版を知った本。 70年代に日大の学生が飛ばした人力飛行機ストーク開発の経緯を追って、当時の関係者へのインタビュー等がまとめられた素晴らしいドキュメントルポ。 白黒ながら貴重な写真も豊富に掲載されている。


で、こちらの「モデルジャーナル」誌は、「ラジコン技術」誌を出している電波実験社から、70年代後半に創刊されたR/C、U/C、プラモ etc と、様々な模型ジャンルをまんべんなく網羅した模型雑誌で、実機に関する記事も数多く掲載されていた。


日大のストークが世界記録を更新した1977年の3月号では、表紙は元より、特集記事でもこの偉業がカラーで取り上げられており、関係者のインタビューも豊富に掲載されているので、もし中古本市場で見かけたならば、この 「ガンピの翼ストーク」の副読本に最適なので是非入手されることをオススメします。
2021/10/26

話が長くなるので詳細は省きますが、先日、先輩ベテランモデラーの残された物の整理をお手伝いしていただいた物。 譲り受けた雑多なモノが入ったダンボール箱の中に、オーラを放つ古そうなカーモデルがあったのでキレイにしてみたのがこれ。


1/24スケールのスロットカーだったんだけど、アルファロメオ・カングーロなんてマニアックな車種までスロットカーになっていたとは。


自分は流石にスロットカーブームは経験していないので、コレの正体が初見では判らずグーグル先生に聞いたところ、古のプラモメーカー緑商会のキットだと判明。 ボディサイドのスリットとかもちゃんと抜けてて、発売時期を考えたら中々良く出来たキットでは。