あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド 本物 04030 SALE 97%OFF 【本物保証】

あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド ソビエト製 本物 04030

あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド 本物 04030 【SALE/97%OFF】 7161円 あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド ソビエト製 本物 04030 ホビー サバイバルゲーム・トイガン 装備・備品 ホルスター /sclerodermitis1287824.html,ランヤード,ソビエト製,itforum-rt.sakura.ne.jp,あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製,ホルスター,本物,TT33,トカレフ,7161円,ホビー , サバイバルゲーム・トイガン , 装備・備品 , ホルスター,クリーニングロッド,04030 あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド 本物 04030 【SALE/97%OFF】 7161円 あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド ソビエト製 本物 04030 ホビー サバイバルゲーム・トイガン 装備・備品 ホルスター /sclerodermitis1287824.html,ランヤード,ソビエト製,itforum-rt.sakura.ne.jp,あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製,ホルスター,本物,TT33,トカレフ,7161円,ホビー , サバイバルゲーム・トイガン , 装備・備品 , ホルスター,クリーニングロッド,04030

7161円

あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド ソビエト製 本物 04030





トカレフが世界一危険な銃という理由ですが。
・セーフティ(安全装置)がないからです。
・銃弾の材質にもよりますが、初速が速く、貫通能力が高いからです。 

なぜセーフティ(安全装置)がないかというと

1 構造を単純化して生産性を上げるため。
2 単純化すればその分故障しにくくなる。
3 冬季使用時に部品凍結などで発射不能に陥ることを避けるため。

以上の理由から安全装置がありません。
だから、トカレフにはホルスターは必須です。
ホルスターがなければ、鞘のない日本刀を持ち歩くのと同じです。
本物の拳銃は我国では持てませんが、ホルスターの本物は持つことができます。
本物志向の方は、ホルスターだけでも本物を持ってみてはいかがでしょうか。 
未使用、デッドストック品ですが、傷、汚れ、錆等ありますのでご了承ください。
貴重な本革製ランヤードとスチール製クリーニングロッド付きです。
別途トカレフの本物グリップも販売しています。
トカレフ本物グリップ1
トカレフ本物グリップ2 
トカレフ エアガン

あなたにも世界一危険な銃の本物ホルスターを!ソビエト製 トカレフ TT33 ホルスター ランヤード クリーニングロッド ソビエト製 本物 04030

サイズが少しタイトなので、ラバーのダミーモデルを入れて調整しています。 
kscのトカレフ用に購入しました。最初は本体、マガジン共にかなりタイトでしたが、入れっぱなしにして数日置いておくと馴染んで余裕が出てきました。革用のオイル等で手入れをしてやるとさらに良いかもしれません。旧ソ連製、革製品なので個体差があるかもしれません。

新着記事

新着記事を
もっと見る

 

ベトナム

ベトナム記事を
もっと見る

 

英語学習

英語学習記事を
もっと見る

 

プログラミング

プログラミング記事を
もっと見る

 

大学院入試

大学院入試記事を
もっと見る

 

おすすめ参考書

ネコポス発送可 クッションカバー 45×45 45cm×45cm 50cm×50cm リビングインテリア ソファークッション インテリア雑貨 リビング雑貨 ブラック モノトーン ホワイト 黒 白 クッションカバー モノトーン 白黒 インテリア 北欧 45×45cm 50×50cm 選べるサイズ ネコポス便250円 c-0033
 

アカデミック

アカデミック記事を
もっと見る

 

資格試験

資格試験記事を
もっと見る

 

ライフスタイル

ライフスタイル記事を
もっと見る

 

趣味

趣味の記事を
もっと見る